先日の海洋散骨にて

先日、海洋散骨を行ってきました。

天気も良くキレイな海に施工出来た事で

ご葬家様もたいへん喜ばれていました。

故人の遺志に沿い、「私は必ず海へ帰して」と

伝えられ約束を守る。たくさん悩んで、たくさん考えて選択した海洋散骨。

弊社の専属契約ボート会社様の協力もあり、

無事、施工出来ました。

ご葬家様が「肩の荷がおりた~」とおっしゃる

と同時に「約束守れた~」は本音だと思いますし色々な葛藤もあったと思います。

「供養」の仕方はこれからどんどん時代と共に

変わっていくと思います。

ですが、変わらない事が一つだけ。


「忘れず弔う」です。


故人にとって寂しいのは

忘れられる事。


海を見て思いだし


花を見て思いだし


「必ず思い弔う」

それが「供養」だと思います。

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

弔電