焼香の意味と作法について


今回は、儀式の中心となる、焼香の意味と作法について豆知識をご紹介させていただきます。

仏式の通夜やご葬儀では、焼香(しょうこう)が行われます。焼香は僧侶による読経と並んで、儀式の中心になるもので、霊前を清め、敬けんな心で亡くなった人の冥福を祈る意味が込められています。一般的に、通夜や法事では線香を、ご葬儀や告別式では抹香が使われることが多いようです。

【お焼香とは】一般的には葬儀や法事などで、抹香(まっこう)を使って行う儀式のことをいいます。

抹香とは、シキミの葉や皮を粉末にしたお香です。

お焼香ではこの抹香を手で摘み、熱を持った香炉の中へ落として香りをだします。煙が出ている香炉の方へ手を入れてしまうと火傷をするので、香炉入れの中をしっかり確認し、茶色の粉末香を手に取るように気をつけましょう。


お焼香は、宗派により作法や回数は異なりますが、右手の親指、人差し指、中指の3本の指で香を摘み、香炉の上に落とします。摘まんだ香は低い位置から香炉に落とすと粉が散らばりません。

お焼香で焚かれる香りは、仏教では仏の食べ物と考えられていて、仏と故人のために参列者が順番に香を焚きます。お焼香する人の心と身体の穢れを取り除く意味合いもあります。



【焼香の行い方】

焼香には、座って行う座礼と、立ったままで行う立礼があります。自宅や寺院では座礼、斎場などでは立礼で行うことが多いようです。

また、会場が狭い場合や参列者が多いときは、自分の席で行う「回し焼香」の場合もあります。

焼香の順番は、喪主やご遺族が終わってから、一般会葬者となります。

順番が来たら、祭壇に進み出て、まず僧侶とご遺族に一礼をします。続いて、遺影に向けて一礼してから焼香を行うのがマナーです。


【焼香の回数や作法】

線香をあげる本数や、抹香を香炉にくべる回数は、宗派によって違いがあります。

一般的には、線香は1本か3本、焼香は1〜3回行えば十分です。



"宗派の作法がわからなくても、心を込めて焼香すれば、とくにこだわる必要はありません。"


【宗派 線香の本数・焼香の回数など】

《天台宗》抹香3回

《真言宗》抹香3回

《浄土宗》線香/抹香とくに決まりはない

《浄土真宗 本願寺派》抹香押しいただかずに1回

《浄土真宗 大谷派》抹香押しいただかずに2回

《臨済宗》抹香2回。1回目は押しいただき、2回目はそのまま落とす。

《曹洞宗》抹香1回目は押しいただき、2回目はそのまま落とす

《日蓮宗》抹香とくに決まりはないが3回が多い。


☆前述でも説明しましたが、あくまで原則としてなので参列者が多い場合などは故人への感謝の心を込めて1回行えばとくにこだわる必要はないです。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

弔電